プロローグ

さてさて、私がトライアスロンに興味を持ち始めた経緯についてお話をしなければならないと思う。

なぜトライアスロンか?

水泳一本だった小学校。
当時は調布に住んでおり、保育園に通っていた頃、父親が泳ぐ姿を見て泳ぎたいと思った。そんな関係で、調布は金子スイミングではなく、後楽園スイミングに通うことになった。当時は、とても泳ぎたくない日もあり、母に無理やり連れて行かれたこともあったということを記憶している。幼少の頃から車とか動くものが好きで、当時はビッグワンガムにつられて通ったこともあった。

小学校に入ったらひとりで通うことに。
その頃はビッグワンガムではなく、目の前のお肉屋さんで売られていたメンチカツ。以来、私はコロッケよりメンチカツ。
教育熱心だった父母の関係で、実はあまり近所の駄菓子屋に行ったことがないのです(涙)でも、そのお肉屋さんの横で売られていたチューブに入ったゼリーを食べられたのが唯一の駄菓子の思い出です。当時は水泳仲間1人と、寂しくも慎ましく食べていたものです。だから、学校の仲間とわいがやと駄菓子屋に行きたかった。
メンチカツ同様好きで好きでしょうがなかったのは今川焼き。でも、残念ながらもう食べることはできません。調布パルコの建つ前、ちょうど東南の角に当時、ちいさな今川焼き屋があったのです。
小学校2年になれば、西調布に引っ越し、西調布から当時最新のギア付き自転車を父に買ってもらい通ったなぁ。



とにかく泳ぐのが好きだった。

調布市のブレストの記録(小学生)を持っていた時期もあった。それはフリーのタイムがかなわない奴が同じ学年で同じプールにいたので種目をブレストにしただけの話。当時は花形種目でした。それでも、選手コースに誘われたりで、そこそこ速かったと思うのだが…
途中、受験勉強でどうしても中断せざるを得なかった。

もちろん試験を受けに行ったのは、どれも室内プールがあるところばかり‼︎
奇跡的にも受かるのだが、そのあとが良くない。中学時代遊んでしまいました…それでも一応練習していたけれど、気付いた時にはもう遅い。幸い兄弟校の堀越高校と練習できる機会に恵まれていながら、本格的に練習し始めたのは中学校2年の時。夏は立っている時間よりも水に浸かっている方が長かったこともありました。
ちょうどその頃から都大会は辰巳国際になったのではなかったかなぁ。一番最初の都大会はは今でもよくゆく千駄ヶ谷のプールであったことは間違い無い。それにしたって練習に本腰をいれたのが遅く、ただでさえ選手生命の短い水泳。都大会止まりでインハイなんてとてもとても…


時が流れ、社会人になってからも泳ぎ続けている。
ちょっと前まで50mフリーが25秒切れる自信があったのだが、もう…(汗)とはいえ、不完全燃焼感があって、今でも速くなりたいと思うし、とはいえスプリンターというには程遠いタイム。というわけで長距離を泳ぎ始めるようになった。
おかげさまでどんなにブランクでも1000はひょいと泳いでしまう。

結婚して八王子に住んでからは、北野駅前のコナミスポーツに通った。
その頃で出会ったのがトライアスリートの碇さん。長距離をひょいひょいと泳いでいたなぁ。まだお元気だろうか?というのも、経済的な事情から5年ぐらいで通えなくなってしまったから。
でも、その出会いがあったおかげで、トライアスロン協会主催の水泳大会に2回(辰巳国際と横浜国際)出ることができた。とはいえ、バイクを買えるお金なんて当時どこにもなかった。というわけで、出場されていた水泳仲間を羨ましがりながらも、いつかは…と考えを巡らせるようになった。


転職の折、上司がハーフマラソンのレースに出ていることを知る。仕事上のいざこざがあり、こいつには仕事でもランでも負けたくないという気持ちから2014年7月からランを始める。
最初は5分35秒/km。なんど膝を壊したことか…(汗)おかげで今では5分/kmを切り、いざハーフの大会に出ようかどうしようか考えてた矢先、2016年11月26日にようやくバイクを手に入れる。それもこのバイクでトライアスロンに出場していたらしい。おそろしく旧式だが、ローラーだの、スタンドだの、たくさんの付属品をセットで格安で譲っていただきました。

今ではすっかり本職のスイムをサボって、バイクに夢中。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

人気の投稿